ブラックハットSEOはありかなしか考えてみた

事前アナウンスがあったこともあり、この1週間ほどペンギン・アップデート2.0の話題をネット上でよく目にしました。

5月22日に実施されましたが、あまり影響はなかったようです。私の数少ない管理サイトは無風。

Google、ペンギンアップデート2.0の実施を全世界で完了。順位変動は期待はずれ? | 海外SEO情報ブログ

今回のペンギン・アップデートは肩透かしではありましたが、今後もGoogleのスパムリンク対策は続くはず。そんな中で、ブラックハットSEOはありなのか、なしなのか、考えてみました。

結論:どっちでも良いんじゃないですか?

「どっちが良いですか?」と質問されれば、「ホワイトハットSEO」のほうが良いですよと答えますが……。

ただ、ブラックハットSEOかホワイトハットSEOか。正直、どっちでも良いと思います。リスクをとってブラックハットSEOをおこなうのであれば、問題はないのかなと。

ブラックハットSEOは、リスクをとるぶん、上位表示される期間は短縮されますし、ホワイトハットでは厳しそうなビッグワードでの上位表示の可能性もあります。ただ、継続表示は難しくなっていると感じますので、事業の柱として期待するWEBサイトに対しては避けたほうが良いでしょう。

一方で、ホワイトハットSEOの場合は、スパムをおこなっていないので、一度上位表示できれば継続できる可能性が高いです。ただ、現状ではビッグワードの上位表示は難しいですし、運用コストはブラックハットSEOに比べてかかります。コンテンツ企画やライティングなど。内製するなら人的コストがかかりますし、外注するなら金銭的コストがかかります。

WEBサイトの目的だったり、位置づけだったりを考えて、リスクを考慮して選べば良いんじゃないでしょうか。

ブラックハットSEO=糞サイトとはかぎらない

逆に、ホワイトハットSEOを実施しているWEBサイトのコンテンツが素晴らしいかというと……、そうともかぎりませんよね。

更新頻度を上げることを目的としているまとめ記事だとか、色々なサイトに掲載されているような初心者向けコンテンツをリライトしただけのようなオリジナリティがあるのかないのかよくわからない記事だとか。

サイトを訪問するユーザーが、必要とするコンテンツかもしれません。そういう意味で、サイトに必要なコンテンツ、サイトにおけるコンテンツとしては良いのでしょう。ただ、コンテンツ単体で良いのか、素晴らしいのかというと……、若干首をかしげたくなります。

一方で、ブラックハットSEOを実施しているWEBサイトって、例えばアフィリエイトサイトなんかがあります。申し込んでもらうために誘導するコンテンツだったり、見込み度合いを高めるための啓蒙コンテンツだったり、考えこまれたコンテンツも少なくありません。もちろん、ランキングしか掲載していないようなパッとしないサイトもありますが。

どちらのSEOを実施しているにしろ、良いコンテンツのサイト、悪いコンテンツのサイトは存在します。ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの比較軸と、コンテンツの良し悪しの比較軸は重なりません。

まとめ

ブラックハットSEOはありかなしかでいうと、ありだと思います。ただ、おすすめはしないというだけ。

中長期でサイトを運営していくつもりであれば、リスクを鑑みると今はホワイトハットのほうが良いと思います。

キャンペーンのような期間限定、短期であればブラックハットでも良いのか? 自前でバックリンクサイト群を持っているのであれば良いと思います。そうでない場合はリスティング広告よりもコストがかかってしまうんじゃないかと思うので、SEOは選ばないほうが良い気がします。

いずれにしろ、自己責任ですよね。ブラックハットSEOでペナルティを受けるのもそうですし、ホワイトハットSEOでなかなか上位表示できない、アクセスが増えないというのもそうですし。

公開:2013/05/27 | 更新:2013/12/16