SEOの知識が必要というザックリ感が何とも……

アクセスアップの方法についての記事をよく目にします。中でも、ブログのアクセスアップ系の記事で書かれているのが「SEOの知識が必要」みたいな。でも、詳しくは書かれていないんですよね。

うーん、何か……。ザックリしすぎやしませんかと。

SEOの知識が必要だけど、記事では詳しく触れない。そうなると、読者は検索なりして調べますよね。その結果、「サテライトサイトからリンクを張りましょう」「相互リンクをがんばれ」のような記事に行き着く。その記事の通りにしたとして、果たして正しいのでしょうかね?

私はブラックハットSEOもアリだと考えているので、その記事自体が間違えているというわけではありません。Googleから答えが公開されていないので、それぞれの経験上、考え方による違いなんだろうなと。

でも、ブロガーさんが言っているSEOって、そもそも違う気が。

ブロガーさんがおこなっているSEOとは

基本的に、以下の施策だと思います。スパムなことをやっている人はあまりいないんじゃないかと。

  • それぞれユニークな記事タイトル付け
  • 関連記事への内部リンク
  • 定期的な記事更新

重複コンテンツや共喰いにならないようにそれぞれユニークな記事タイトルを付けて、各記事から関連する記事へ内部リンクを張る。そしてロングテールキーワードで流入できる母数を増やすために、定期的に記事更新、追加していく。まぁ、ホワイトハットなSEOですね。

「SEOの知識は必要だけど、内容は自分たちで調べてね」だと、ブロガーさんが意図していないSEOの情報に読者がたどり着く可能性が高いです。SEOって両極端な情報がネット上にありますから。

なんかそう考えると、もうちょっと記事内で説明してあげても良いんじゃないでしょうか。ちょっと不親切な気がしましたよと。

公開:2013/08/14 | 更新:2013/12/16